【洋画】英語のセリフを『君に読む物語』で勉強!恋愛映画の名言 

Movie|映画

こんにちは!【食べて、遊んで、旅をして】のRinです。

本記事は、

✅ 『君に読む物語』のロマンチックなセリフまとめ🥰

✅ サラッと使えたら超かっこいい!『君に読む物語』格言まとめ

このような内容をご紹介します❗️

【洋画】英語のセリフを『君に読む物語』で勉強!恋愛映画の名言 

君に読む物語(原題 “The Notebook” )をご存知ですか?

ラブストーリー作家、ニコラス・スパークスの作品です。

可愛らしい若者2人の出会いと別れ、再会、その後が描かれています。

2004年に映画化され、ライアン・ゴズリングレイチェル・マクアダムスが主演を務めました。

全米、全世界でロングランヒットを記録した超大作です👏👏👏

本記事では、劇中に登場する12のロマンチックなシーンと英語のセリフをご紹介します^^

1. with all my heart and soul

Noah: I’ve loved another one with all my heart and soul.

   And, for me, that is always being enough.

ノア:私は命がけである人を愛した。私にはそれで十分だ。

おじいさんになったノアが人生を振り返りながら言ったひとこと。

“with all my heart (and soul)”は「心を込めて」と訳されることが多いです。ここでは「命懸けで」と訳します。

2. I could be whatever you want.

Noah: I could be fun, if you want. I could be pensive,

   smart, superstitious, brave, and I can be light on my feet.

   I could be whatever you want.

ノア:君が望むなら道家にも、詩人にも、気の利いたヤツにも、迷信家にも、

   勇敢にも、ダンサーにも… 何にだってなれる。

ノアが必死にアリーを口説くシーン。アリーはかわいい笑顔で “You’re dump.(あなたバカね)” と答えます。

“I can be light on my feet.” で「足を素早く動かすことができる」という意味です。ここではタップダンスの真似をしながらこのセリフを言っています。

3. They were inseparable.

Noah: After that night, Allie & Noah spent every week and hour they get.

   And soon, they were inseparable.

ノア:その夜以来、アリーとノアはいつも一緒だった。

   そしてすぐに、離れられなくなった。

おじいさんになったノアが、若き日の二人のラブラブだった頃を思い出しながら言ったセリフ。

“inseparable” は「離れられない」「分けられない」という意味の形容詞です。

4. They were crazy about each other.

Noah: They didn’t only match. But the despite there are differences.

   They had one important thing in common. They were crazy about each other.

ノア:彼らはあらゆる点で違っていた。でも重要なあることだけは共通していた。

   愛し合っていたのだ。

おじいさんになったノアが、若き日のケンカばかりだった頃の2人を思い出しながら言ったセリフ。

“be crazy about ~” で「~に夢中だ」という意味になります。 “in common”は「共通の」という意味です。

5. You promise?

Allie : You promise?

Noah: Uh huh.

Allie: Good.

アリー:約束?

ノア:ああ。

アリー:(笑顔)

出会った頃のアリーとノアが廃墟を改築する夢を語るシーン。この “primise” が後半にもう一度出てきて、切ないです。

“You promise?” のように平叙文のイントネーションを変えて、疑問文として使うこともできます。

6. You don’t mean it?

Allie: Are you breaking up with me?

Noah: I haven’t seen it’s gonna work.

Allie: Haven’t you seen? …Please don’t do this. You don’t mean it?

アリー:私と別れるの?

ノア:うまくいきっこないよ。

アリー:本気なの?嘘。冗談よね?

若かりし頃の2人が1度目の別れを経験するシーン。

“I don’t mean it” の形で「そんなつもりじゃない」と訳すことができます。

ここでは「そんなつもりじゃないよね?」と聞いている感じです。

補足:”mean to do” の形では「〜するつもりだ」という意味になります。

“break up with ~” は「~と別れる」、

“it works.” は「機能する、上手くいく」という意味です。

7. No second thoughts.

Lon: Are you all right?

Allie: Yeah.

Lon: Ok, then, go. Take your time. Do ever what you need to do.

   Looks ok to be nervous it’s normal to get cold feet before wedding.

Allie: No. No second thoughts, no.

ロン:本当に大丈夫?

アリー:ええ。

ロン:わかった。じゃ、行っておいで。君の気が済むまで。

   結婚式が近づいて、怖気付くのは当然だよ。

アリー:いいえ、迷いはないわ。

結婚式直前のアリーがロンに「2、3日外出したい」と言い出すシーン。

“No”を連呼しているあたりが逆に怪しい感じがしますね…

“second thoughts” は「再考、考え直す」という意味です。

ここでは「迷いはない」と訳しています。

“get cold feet” は「怖気づく、ビビる」という意味です。

8. Science only goes so far, and then, comes god.

Noah: Science only goes so far, and then, comes god.

Doctor: Comes god…

ノア:神の力は化学の限界を超える。

医者:なるほど…

おじいさんになったノアが、医者に「奇跡を信じている」と話すシーン。

他の作品や記事でもよく引用されている、本作品の名言中の名言です。

“so far” は「とても遠く」という意味です。

9. Why you didn’t write me?

Allie: Why you didn’t write me? It wasn’t over for me.

I waited for you for seven years, now, it’s too late.

Noah: I’ve written 365 letters. I wrote you everyday for a year.

アリー:どうして何の連絡もしてくれなかったの?私は終わってなかった。

    7年待ってたのよ。でも、もう遅い。

ノア:365枚手紙を書いたよ。丸1年間、毎日書いた。

再会したアリーとノアが言い合っているシーン。

“write” だけで「手紙を書く」という意味を表すことができます。

“write (人)”で「(人)へ手紙を書く」です。

“It’s over.” や”It’s done.” は「もう終わり」という意味です。

ここでは “It wasn’t over for me.”なので「私の中ではまだ終わってなかったのに」という感じです。

10. She is the one, isn’t she?

Martha: She is the one, isn’t she?

Noah: Yeah.

マーサ:彼女なのね?

ノア:ああ。

未亡人のマーサがアリーを見て、「彼女があなたが愛した人なのね」と聞いているシーン。マーサの表情が切ないです。

“the one” で「運命の人」という意味を表すことができます。

“isn’t she?” の形は付加疑問文といい、「〜よね?」と確認する意味になります。

11. Please just picture your life for me.

Noah: I wanna all of you, forever. You and me, every day…

You do some for me. Please just picture your life for me.

30 years from now, 40 years from now… what’s it look like?

ノア:ずっと君がほしいから、一緒にいたいから。

   お願いだ。将来を思い描いてみて。

   今から30年後、40年後、君の隣にはだれがいる?

ノアとアリーの2度目の別れのシーン。ノアがアリーを必死で引き留めます。

“picture” を動詞として使うと「描く」という意味になります。

とても切なくてロマンチックで最高のシーンです…

12. I feel someone totally different.

Allie: It’s just ah.. When I with Noah, I feel like one person…

and, When I with you, I feel like someone totally different.

アリー:ただ、ノアといる自分と、あなたという自分が、全く別人みたいな感じなの。

ノアと再会した後のアリーとロンが話し合っているシーンです。

「ノアといる自分と、あなたという自分が、全く別人みたいな感じ」…なんとなく共感できませんか?

“something/someone + 形容詞” の形はよく使われる形です。使いこなせると素敵ですね!

最後に

本記事では、

✅ 『君に読む物語』のロマンチックなセリフまとめ

✅ サラッと使えたら超かっこいい!『君に読む物語』格言まとめ

このような内容をご紹介しました 🥰

まだ観たことがない方はぜひご覧ください❗️❗️

コメント

タイトルとURLをコピーしました